text.skipToContent text.skipToNavigation

RS485 Bus Utility

主な特徴

• 対応可能なSCLコマンド
• シンプルなユーザー画面、強大な機能
• 32軸までのRS-485運動制御ネットワークに対応可能
• I/O状態、ドライブ状態、警報状態及び9種類の最も効果的な運動パラメーターが監視可能
• SCLコマンドスクリプトの編集と保存が可能
• 集積のオンライン支援
• 全シリーズのRS-485ドライブに対応可能

RS485 Bus Utility Setup 1.0.18.0510

RS485 Bus Utility Setup 1.0.18.0510

RS 485 Bus Utilityについて

シリアルコマンド言語(SCL)でMOONS’製のRS-485多軸シリアル通信ドライブを制御する場合、コマンドとRS485ネットをテストするために簡単なシミュレーション端末を把握しなければならない。RS 485 Bus Utilityは適切なチョイスで、コマンドを一つのパッケージとして送信でき、コマンドの間に遅延を縮小し、送信する際「Enter」鍵を付加することができる。他の端末では、順次に入力された文字を送信するから、SCLコマンドが使用しにくい。

操作システム要求

• Microsoft Windows 7、Windows 8、Windows 10、Windows XP(Service Pack 3)、32ビット或は64ビットシステム
• Microsoft .Net Framework 2.0

プログラム主な画面